お勧めインターネットサービスをちぇっくちぇっく!

お勧めなインターネットサービスをご紹介します。契約先をチェックする際にお役立て下さい。
フレーム上

Speed Wi-Fi NEXT WX01

Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02とは、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリーの消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。

なぜかと言えば、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が著しかったからなのです。
なので、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新しく導入されました。
他には、三日間の総通信量がディスプレイされる機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対応がしやすくなりました。
WiMAXサービスを提供してるのプロバイダの中には、完全オリジナルのキャンペーン特典が準備されているとこもあります。具体例を挙げると、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダの場合だと、DTI Club OffってDTI会員限定のオリジナル割引特典が利用出来ます。
DTI Club Offとは、日本全国にある宿泊施設やレジャー施設、そして、温泉施設やインテリアショップ、飲食店や宅配ピザなどなど、色々なサービスを特別優待価格で使用する事が可能です。展覧会やミュージカル、美術館やカラオケなど、書き尽くせない程対応するサービスは幅広いですから、色んな方に価値を感じて貰う事が出来ます。

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOを搭載して、下り最大通信速度が従来の倍になる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOって言う機能はWiMAX端末に内蔵された4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線同時の通信を行なう技術の事です。そのテクノロジーにより、下り最大通信速度が従来の110Mbpsと言う速度から、倍の220Mbpsになる訳です。

合わせて、Bluetoothに対応してますので、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングをする事が出来ます。

Broad WiMAXは株式会社リンクライフが運営するWiMAXサービスで、その中でも月額最安プランが印象的だったりします。
月額最安プランと言う料金プランの特徴を挙げるとすれば、月額料金が安い分初期費用が必要となる点が挙げられます。

とは言え、一定の条件を満たす事で初期費用が無料になるWeb割と言うキャンペーンが行われていますから、結局のところ初期費用は支払う必要が無くなります。


更には、いつでも他のインターネットサービスへ乗り換える事が出来るご満足保証と言った保証制度があったり、WiMAX端末が最短で契約したその日中に発送されると言った部分もBroad WiMAXの特徴となっています。GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約時に利用出来るオプションサービスの中には、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言った月額料金362円のオプションサービスもあります。



Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションとは何なのかと言うと、ワイヤアンドワイヤレス社の運営するWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の提供するUQ Wi-Fiエリアを利用出来るサービスの事です。
サービス対象となるアクセスポイントは全国10000ヶ所以上で、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどで利用する事が出来ます。
Wi2エリアの中では別途1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを購入する必要のあるエリアがありますが、オプションエリアチケットを買い取った金額分はGMOポイントと言う形で還元して貰えます。
WiMAXの機器は、徐々に性能が上がって来ています。

その中においても、通信速度が速まって、今の時点で、220Mbpsもの下り最大通信速度が出ます。ですが、この頃は通信速度より、総通信量がどれだけ達したかに対する注目が見られます。
最新WiMAX機器のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が強化されました。
その訳は、混雑回避の為の速度制限と呼ばれる3日間で3GB以上の通信を行った場合の速度制限、これが適用されやすくなったのです。



ですので、メーカーもしくはユーザーとしては、ここに対しての関心事が高まっているのです。


WiMAXの素晴らしい所は、インターネットへのアクセスを無線で行なう事が出来ると言う点にあります。

無線ですし、固定回線のように契約くした住所に縛られる事がありません。更には、WiMAX機器は小型ですので、どこへでも持ち運ぶ事が可能です。

諸々の点を考慮すると、タブレットとの相性が抜群です。そう言う理由で、WiMAXプロバイダの中にはタブレットの無料プレゼントを行っている所も存在します。

新たにWiMAXサービスを導入した事で、私の生活は大きく一変しました。

一番変化が大きかった事は、スマホ通信で7G制限に気を取られる必要がなくなりました。Wi-Fi通信を使用してWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマートフォンで使用出来る通信量は浪費しなくなった訳です。そう言う事から、スマホサイトに動画が設置されている場合であっても、気にせず普通に観れるようになりました。今のネット業界の動向を見ていると、モバイル業界への人気の高まりを感じるようになりました。契約した住所でしか使う事が不可能な固定回線とは違い、非常に利便性の高さを感じる所ではあります。とは言えどもモバイルですから、安定性に対して懐疑的な方もいるでしょう?だけど、モバイル関連の基地局の数は増える一方ですから、通信を安定した状態で楽しむ事が出来るようになりました。
って事ですから、無線だからと言っても、悪く無いです。WiMAXサービスとの契約期間は25ヵ月間契約の自動更新型が基本となっていて、契約期間内に解約手続きを行った場合は契約解除料が請求されてしまいます。スタートからの13ヵ月間の契約解除料は19000円請求されてしまい、14ヵ月目から25ヵ月目の契約解除料は14000円で、26ヵ月目以降の契約解除料は9500円となります。

ですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約解除料は厳しめになっていて、始めの25ヵ月間の契約解除料は24800円で、26ヵ月目以降の契約解除料としては9500円となります。

ですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+の場合は契約20日以内の解約に対して契約解除料が掛かりませんので、単純に厳しいとは言い切れません。

WiMAXの中でも、最もサポート体制がしっ

WiMAXの中でも、最もサポート体制がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。WiMAXサービスに対する情報を最も持っていますし、トラブル時の対応も最も迅速かつ的確で、電話サポートの受付け時間も一番長いです。
けれども、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の内容がイマイチですから、代理店に申し込みをすると言う方法もあります。代理店だとキャンペーン特典がある程度充実していますし、サポート関連はUQ WiMAXを利用出来ると言う良いとこ取りが出来ます。

So-net モバイル WiMAX 2+の販売サイトへ訪問すると画面の右下に追尾型のウィジェットが表示され、一体これは何なのかとビックリしてしまう方もいる事でしょう。

このウィジェットはSo-netの担当オペレーターと繋がるチャットスペースになっていて、キャンペーンサイトを読み進める過程で疑問を覚えた部分に関して、オンライン上でオペレーターに質問を投げかける事が出来るシステムとなっています。通話であれこれやり取りするのが負担だと言う方であっても、文字でのやり取りであればハードルが低くなるのではないでしょうか?ですので、そんな言う人にとってはとてもありがたい仕組みであり、十分に納得した状態でSo-net モバイル WiMAX 2+と契約を行なう事が出来ますので、サービス開始後に後悔してしまうような失敗は起こり辛くなります。WiMAXサービスを提供しているプロバイダの中でも、ちょっと他と違うのが3WiMAXと言うプロバイダです。
WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAXの系列のものが大半なのですが、3WiMAXの場合はKDDIのWiMAXサービスを取り扱っています。


なんで、3WiMAXでは提供されているWiMAX端末の機種が、他のプロバイダとは全く違います。



具体例としては、3波を使用するキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBタイプのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、他のプロバイダには提供されていません。WiMAXサービスは無線を使ったインターネットですから、その特徴による利点が沢山あります。
具体例を挙げれば、従来のインターネット回線のように建物単位での契約ではありませんから、WiMAX端末さえ身に付けて持ち歩けば、1回線の申し込みで様々な場所からインターネットが出来ます。加えて、無線ですから回線工事が不要となりますので、WiMAX端末が手元に届いてそのままインターネットを行なう事が出来るだけじゃなくて、回線工事費を負担する必要もないので安価でインターネットが出来ます。そして、無線なので配線で室内がごちゃごちゃするような事もありませんから、掃除も楽だし部屋も整理されます。WiMAXに申し込むと、その機能性の良さにビックリさせられます。
私がWiMAXと契約後に思ったのが、通信制限がそんなに厳し過ぎないと言うところです。私はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なんですが、速度制限のせいでイライラする状況がありません。

UQ WiMAXサービスにも通信制限はありますが、ギガ放題プランで契約すれば気になるレベルでは無くなるのです。この所、WiMAXサービスの契約先の中には、オリジナルの保証制度を設けるプロバイダが登場しています。
例として、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証制度を用意しています。
また、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を採用してます。
どっちの保証制度にしろ、違約金を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が出来ると言う制度となります。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして発表になったWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15と言うWiMAX機器です。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を利用する事が可能だと言う点が挙げられます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーを搭載して、これまでのWiMAX機器のWiMAX通信と比べると、一回りくらい広いエリアでの通信に対応しています。
また、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応しているところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した時の大きな違いと言えます。


BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みをすると、二種類のキャッシュバック特典の中から任意のキャッシュバックキャンペーンを選択する事が出来ます。一つ目が契約13ヵ月目に貰える現金キャッシュバックで、もう一方が24ヵ月間ずっと毎月900G貰えるGポイントでのキャッシュバックです。


Gポイントでのキャッシュバックの方が貰えるキャッシュバック額が少し多く、早い時期から貰えるのに加え、受取り損ねてしまうリスクも現金キャッシュバックよりも少ないです。



GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+の月額料金の支払いに使用可能ですし、楽天ポイントやWAONポイントやTポイントなどの約140社のポイントに変換出来ます。

URoad-StickはUSBタイプの軽量かつ小型のWiMAX端末で、持ち歩きが楽で利便性が高いです。

URoad-StickをUSBポートに接続することによって、給電しながら使用する事が出来ます。難しいセットアップも不要で使えますから、そう言う簡便性が評判のWiMAX端末となっています。
対応している通信回線はWiMAXとWiMAX 2+で、下り最大通信速度となると110Mbps出力する事が可能です。
ワイマックスと言うネット通信サービスがあるのですが、このネット通信サービスって、通信制限の規制がやや緩めで、そこが特長となります。そう言う理由で、それなりに通信を行なうと言う方にしてみれば、一番お薦め出来るモバイルのインターネットサービスと言えます。速度制限のストレスから解放されたいと言う方は、検討するというのも悪く無いでしょう。

GMOとくとくBB WiMAX 2+と

GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約時に付いて来るオプションサービスの中に、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言う月額362円のオプションサービスもあります。

Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションとは何なのかと言えば、ワイヤアンドワイヤレス社の提供するWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の提供するUQ Wi-Fiエリアを利用出来るサービスの事です。対象となるアクセスポイントの数は全国10



000ヶ所以上で、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどで利用する事が可能です。

Wi2エリアの中には別途1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを購入する必要のあるエリアが存在しますが、オプションエリアチケットを購入した料金分はGMOポイントで還元して貰えます。WiMAXサービスを利用していて思う利点は、複数ある様に感じます。

最初に思い浮かぶのが、無線を使ったサービスなので、どこにいてもインターネット回線へのアクセスが可能です。

二つ目が、モバイルの通信規格と言う点で、ネット開通工事は行なう必要ありません。
はたまた、回線工事が不要と言う事で、安くインターネットサービスを導入する事が出来ます。


なおかつ、料金プランによっては7G制限が無いと言う部分も、WiMAXの評判に繋がっています。


各WiMAX端末にはクレードルと言う充電台が別売りで売られてて、値段としてはおよそ3000円前後します。
このクレードルの必要性が気になる人もいるでしょうが、実際なくてもWiMAXを利用する事が出来ます。
かと言って、クレードルがある事でイーサーネットポートを使用する事が出来ますから、LANケーブルを使用したAPモードやルータモードが利用する事が可能になります。

しかも、いつもWiMAX端末を満充電の状態で維持する事が出来ますから、いつでも外に持ち出す事が可能になります。電気屋で、光インターネットの勧誘を受けました。ただ、私はWiMAXユーザーですし、勿論、光回線は不要です。店員にそう言うと、想像してなかった返事が返って来ました。
WiMAXだと、天候によって受信具合が左右されるでしょう?ですけれど、ずっとWiMAXを使用して来た経験から言うと、WiMAXが天候に左右されると言う経験は一度もありません。


天候に左右される事は一度もありませんでした。



嵐で天気が大いに荒れた日は何度か経験しましたが、WiMAXへの何かしらの影響はありませんでした。



WiMAXサービスを提供してるのプロバイダの中では、完全オリジナルのキャンペーン特典が準備されているとこもあります。具体的には、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダの場合だと、DTI Club Offと言うDTI会員限定の独自の割引特典が付いて来ます。DTI Club Offとは、全国各所にある旅館やレジャー施設、そして、温泉施設やインテリアショップ、居酒屋や宅配ピザなどなど、色々なサービスを特別優待価格で使用する事が出来ます。映画やミュージカル、展覧会やカラオケなど、書ききれない程対応するサービスは幅広いですから、さまざまな方にお得感を感じて貰う事が出来ます。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載して、初の下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末として登場しました。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当時はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応している地域が広がっています。

更に、au 4G LTEと言う機能はHWD15からそのまま踏襲し、広大な地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。勿論の事ですけど、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う充電台にも対応してて、充電しつつの通信にも対応しています。

WiMAX機器は通常価格が20000円しますし、クレードルのセット販売で22750円もします。結構な金額になりますので、WiMAX導入の際の足かせとなってしまいます。
そんな訳で、各プロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントキャンペーンを行っています。
プロバイダによってはクレードルとセットで無料の所もありますので、そう言うプロバイダを選ぶとベストです。


WiMAXサービスを提供するPEPABO WiMAXには、普段3種類の料金プランがあります。

28000円の高額な現金キャッシュバックが貰える通常プランや、月々の料金が低価格な通常プランとなる月額割引プラン。



その他にも、ギガ放題プランを2年の間通常プランの月額料金で利用出来る料金プランがあります。時々、更に月額料金の安いタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、これはいつもある料金プランと言う訳ではありません。前々から気になっていたWiMAXに関して調べていると、良い意見ばかりではありません。例として、電波が全然拾えないだとか、そう言う悪い口コミもあります。


なのですが、WiMAXの端末の性能は毎年上がって来ています。そんな訳で、口コミの内容をそのまま鵜呑みにする事は出来ません。WiMAXに対する口コミを読むときは、口コミが投稿された日付けから先に確認しましょう。PEPABO WiMAXでWiMAXサービスの申し込みを行なうと、様々なキャンペーンの特典を貰えます。
そのPEPABO WiMAXが用意しているキャンペーン特典の中でも特徴的なのが、レンタルサーバーサービスを行なうヘムテルやホームページ作成サービスグーペ、フォトストレージサービスとなる30days Albumを無料で利用出来ると言ったキャンペーン特典です。いくつかあるPEPABO WiMAXのキャンペーン特典の中のたったこれだけの特典だけでも、合計40
550円分の金銭的メリットがあります。



他にも、WiMAXプロバイダで二番目に高額な現金キャッシュバックまで貰えますので、実に、PEPABO WiMAXの金額的お得感はとても大きいです。




フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 お勧めインターネットサービスをちぇっくちぇっく! All Rights Reserved.

ページの先頭へ